肩こり百科

  肩こり百科ホーム 仕事中の正しい姿勢「デスクワーク」編

 

▼現在位置 : 肩こり百科ホーム > 肩こりの予防・解消のために

仕事中の正しい姿勢「デスクワーク」編

椅子に座るときと、パソコンのモニター画面に向かう場合の正しい姿勢を説明します。 毎日オフィスで使用するものですから、カラダにあった椅子を選び、また、眼精疲労を起こさないためにも、照明にも気をつけます。 正しい姿勢を身につけるためにも、オフィス環境を整え、毎日正しい姿勢を意識して仕事に取り組みましょう。

 

カラダにあった椅子・照明。 オフィス環境をチェックして正しい姿勢で作業しょう。

椅子について

1)なるべく固めで、安定性のある椅子を選びます。

2)座面の高さが調節できるもので、足の裏全体が床につくものを選びます。高さ調節が出来ない場合は、足台を置いて調節します。

3)背もたれに最も深く腰掛けた状態で、座面の先端と膝の裏の間に、こぶし一つ分の隙間が出来るようにします。

4)なるべく、肘掛のあるものが良いでしょう。肘掛に腕をのせることで、腕の重みを分散させ肩への負担をへらします。

 

照明について

暗すぎる照明、明るすぎる照明など、照明が適切でないと眼精疲労を起こしやすく、首・肩の筋肉が緊張し、肩こりがおきやすくなります。 自分にあった椅子とともに、照明も暗すぎず、明るすぎずない範囲で調節しましょう。

 

椅子に座るときの正しい姿勢と、パソコンのモニター画面の位置

カラダにあった椅子と照明に調節したら、座る姿勢を正しい姿勢に整えます。

椅子や照明を適切な物にしても、姿勢が悪ければ、まったく意味がありません。

下のイラストを参考に、正しい姿勢を身につけましょう。

 

正しい座り方 正しいモニター画面の位置

 

"仕事中の正しい姿勢「デスクワーク」編"へ寄せられた情報

一番重要なのは、骨盤が固定されることです。(もちろん姿勢は正しましょう)

一般の椅子は深く座り、背もたれとお尻に間が空かないように心掛けてください。

ソファーや椅子が寄せられず隙間ができてしまう場合には、クッションなどを背もたれとお尻(骨盤)の間に埋めて固定気味に座りましょう。

これだけでも長時間座った時に違いがでます。

■情報提供者 :RYUカイロプラクティックオフィス(冨田整骨院)  院長 冨田竜史 先生

 

関連情報

【 正しい姿勢の基本 】 【 肩・首に負担のかからな運転姿勢 】 【 背骨を歪ませる日常生活の座りぐせ 】

プレミアムピックアップ

▼現在位置 : 肩こり百科ホーム > 肩こりの予防・解消のために

仕事中の正しい姿勢「デスクワーク」編

サイトマップ

このページ「仕事中の正しい姿勢「デスクワーク」編」へ情報を付け足す。

肩こり百科では、「仕事中の正しい姿勢「デスクワーク」編」に関連した情報を募集しております。

どんな小さなことでもかまいません、関連情報をお持ちの方、ご協力をお願い致します。

※印は入力必須です


お名前  一般の方はハンドルネーム(ニックネーム)でもかまいません

E-mailアドレス 「半角英数字で記入/PCで確認できるメールアドレス推奨」

E-mailアドレス 「確認の為、もう一度ご記入下さい。」

投稿内容ご記入欄

▼ 以下、店舗・施設をお持ちの方、企業様、よろしければはご記入下さい。
   一般の方で必要と思われる方はご記入下さい。

URL(お持ちの方)

店舗名・会社名


控えを送る(自分あてに控えを送る)


     

 

 四十肩のマッサージ・五十肩のマッサージのことなら 「四十肩・五十肩の勘所」

腰痛治療 病院医療院検索 腰痛体操/ストレッチ「腰痛ナビ」 よくわかる!椎間板ヘルニアの勘どころ 医療/健康 求人情報 肩こりからくる頭痛・めまい、家庭で出来るマッサージ/体操「肩こり百科」 「四十肩・五十肩の勘所」

 

社会的意義あるWebサイトの創造 サニーデイ
(C) Management-start form April,2006  サニーデイ.