肩こり百科

  肩こり百科ホーム 肩こり解消の最大ポイント!生活習慣と環境の改善

 

▼現在位置 : 肩こり百科ホーム > 肩こりの予防・解消のために

肩こり解消の最大ポイント!生活習慣と環境の改善

肩こり解消法の1つ、生活習慣の見直しも重要なポイントの一つです。病気が原因でない肩こりの場合、あなた自身の生活習慣や生活環境の中に肩こりを引き起こす大きな要因が潜んでいる可能性が多いのです。この場合の肩こりの予防・肩こり解消法には、日ごろから、「適度にカラダ全体の筋肉を使う習慣」と「正しい姿勢」を意識して生活することが、肩こり解消にあたり重要なポイントとなります。

 

肩こり解消のために、あなた自身でできること。 -日常生活を見直してみる

原因が病気でない肩こりの多くは、日常生活における「生活習慣」や「生活環境」に、肩こりを引き起こす要因が潜んでいることが多いようです。

このことは、「人間のカラダが構造的に肩こりを生じやすい骨格である」ことは、基本的には、誰でも同じことのはずなのに、「肩こりの人」と、「肩こりと無縁の人」がいることを考えると、肩こりの人の多くは、肩こりと無縁の人に比べ、「生活習慣や生活環境」など、日常生活の中に肩こりを引き起こすなんらかの要因が潜んでいると考えられるからです。

いくら病院や治療院で治療を施しても、元となる要因(生活習慣・生活環境)を改善してゆかねば、一時的に肩こりは解消されても、同じことの繰り返しになる可能性が高くなります。

病院や治療院等で、治療を進めると同時に、根本的な肩こり解消のために「あなた自身でできること」

それは、「日常生活を見直してみる」ことからはじまるのです。

肩こり解消の第1歩は、「日常生活を見直してみる」こと。 これを改善してゆかないと「同じことを繰り返す可能性大」

 

 

肩こり解消法の重要ポイント! 日常生活における「不良姿勢」と「運動不足」

本サイト「肩こり百科」に訪れている方の多くが、「不良姿勢」「運動不足」を、ちょっとでも感じているのではないでしょうか?

便利になった生活環境の副産物である「運動不足」、悪い癖として根付いてしまっている「不良姿勢」。

どれも、あなたの日常生活の中に深く浸透しきってしまっているものですので、「肩こり解消の為に、改善するぞ!」と、積極的に意識して取り組まないと、いつまでたっても、肩こり解消には結びついてゆきません。

「不良姿勢」については、「肩こりの予防・解消のために」のページ、「肩こりの予防・解消には、まずは正しい姿勢を意識しよう!」を、参照して頂く事にし、

下記で「運動不足」を解消するヒントを、簡単に紹介したいとおもいます。

 

 

日常生活で「肩こり解消(運動不足解消)」するヒント -適度にカラダ全体の筋肉を使う習慣を

病気が原因でない肩こりを引き起こすものの多くは、「肩こりの主な原因を分類してみる」にて、「全身を使わないことから起こる筋肉の疲労」であることを説明しました。

さらに付け足して言えば、「筋肉は使わなければ、どんどん衰えてゆきます。」

 

肩こり解消のための運動は、全身を使う有酸素運動が効果的です。

ウォーキングやジョギング、又、自分にあったプログラムを組んでくれるような、ヨガ教室やフィットネスジムに行く時間をスケジュール化することがベストですが、なかなか時間がとれない場合などもふくめ、下記のことがらを生活シーンの合間に取り入れ、「継続して」「実践」してください。

▼ 肩こり解消(運動不足)の為に、取り入れたいこと

  • デスクワーク中心でも、定期的にストレッチや体操を行う。
  • 室内で手を振りながら、足踏みを行う。
  • エレベーターは使わない。
  • 少しの距離なら歩いて向かう。

その他、意識してみると、生活の中にも運動不足を解消できる、ちょっとした行動がいろいろあるはずです・・・ あなたなりの運動不足解消法を取り入れ、肩こり解消法の一つとして役立てて下さい。

 

筋肉は使わなければどんどん衰えてゆく。 「継続して」適度にカラダ全体の筋肉を使う習慣が、肩こり解消に役立ちます。

※ 多くの「カイロプラクティック」や「整体院」、」「鍼灸院」、「接骨院」では、これら不良姿勢や生活環境の見直しのアドバイスをしてくれます。 あれこれ悩む前に、一度「プロの目」でチェックしてもらう事も、肩こり解消への近道です。

 

"肩こり解消!生活習慣と環境の改善"へ寄せられた情報

 

長い間、肩こりになやんでいたのですが、軽い顎関節症で歯医者にいったところ、先生に「TCH(歯列接触癖)」と言われました。

いわゆる「噛み続け癖」というもので、無意識のうちに歯を強く噛みしめてしまう癖が原因とのことでした。

また、歯列接触癖(噛み続け癖)は、顎関節症の他にも、肩こりや頭痛、耳鳴りや目まいの原因にもなるそうです。

治療の一環として歯医者の先生に教えて頂いたのが、メモや付箋紙などに「歯を離す」と書いて、家や仕事場の自分の行動範囲に貼りまくり、「歯を離す」と書いたメモが目に入ったら歯を離すようにと言われました。

噛み続け癖といわれるように「癖」ですから、治すのになかなか手強かったのですが、顎関節症もなおり、長年悩んでいた肩こりも解消されました。

コツというか、あまり意識しすぎるのもストレスの原因になるそうなので、普段は意識しすぎないで「メモが目についた時だけ歯を離す」ようにするのが良いそうです。

■情報提供者 :おでん さん

プレミアムピックアップ

▼ 「肩こり解消」に関連するページ

肩こり解消法 〜温めて慢性肩こりを解消

▼現在位置 : 肩こり百科ホーム > 肩こりの予防・解消のために

肩こり解消の最大ポイント!生活習慣と環境の改善

サイトマップ

このページ「肩こり解消の最大ポイント!生活習慣と環境の改善」へ情報を付け足す。

肩こり百科では、「肩こり解消の最大ポイント!生活習慣と環境の改善」に関連した情報を募集しております。

どんな小さなことでもかまいません、関連情報をお持ちの方、ご協力をお願い致します。

※印は入力必須です


お名前  一般の方はハンドルネーム(ニックネーム)でもかまいません

E-mailアドレス 「半角英数字で記入/PCで確認できるメールアドレス推奨」

E-mailアドレス 「確認の為、もう一度ご記入下さい。」

投稿内容ご記入欄

▼ 以下、店舗・施設をお持ちの方、企業様、よろしければはご記入下さい。
   一般の方で必要と思われる方はご記入下さい。

URL(お持ちの方)

店舗名・会社名


控えを送る(自分あてに控えを送る)


     

 

 四十肩の予防解消・五十肩の予防解消のことなら 「四十肩・五十肩の勘所」

腰痛治療 病院医療院検索 腰痛体操/ストレッチ「腰痛ナビ」 よくわかる!椎間板ヘルニアの勘どころ 医療/健康 求人情報 肩こりからくる頭痛・めまい、家庭で出来るマッサージ/体操「肩こり百科」 「四十肩・五十肩の勘所」

 

社会的意義あるWebサイトの創造 サニーデイ
(C) Management-start form April,2006  サニーデイ.