肩こり百科  四十肩・五十肩の勘所40肩50肩のかんどころ

■ 肩こり・肩の痛み 治療相談掲示板 【ホーム】 ■   > 「一年前から首、肩ともにコリが酷いです。」

一年前から首、肩ともにコリが酷いです。

日時: 2007/05/25 19:53
名前: MIKI

去年の三月、大学の春休み中に一度大学へ行こうとして途中コリが酷くなって電車を降りました。病院へ行って一度は治まったはずなのですがそれから一ヶ月後再発。
それからはちょっとご飯を食べても気持ち悪くなって大学へ行くのにも死ぬ思いをしました。疲れてくると目にもその影響が出ます。
針治療を一年継続して続けていますが首の張りがなくなることはありません。それでも一年前に比べるとだいぶ楽にはなりました。
恐らく原因はストレスと高校時代に比べて運動しなくなったものだと思われます。かかりつけの先生もストレスからくるものかもしれないとは言っておりました。私の性格上、人前だと言いたいことも我慢したりしてしまうし、家庭の問題もストレスになっているものだと思います……
これから一年後に大事な試験があるので勉強をせざる得ません。でも勉強をしたり、ちょっと悩んだりするとすぐコリが酷くなります。
これからも私は針治療を継続して続けていくべきでしょうか?それとも他の病院を探した方がいいのでしょうか?
メンテ

Page: 1 |

Re: 一年前から首、肩ともにコリが酷いです。 ( No.1 )
日時: 2011/02/17 17:44
名前: 鈴蘭台カイロプラクティック  <suzurandai.net@hotmail.co.jp>
参照: http://www.suzurandai.net/

何事にも原因あっての結果です。
症状とは、あくまでも結果です。
原因がしっかりと改善されない限り、再び同じ症状を覚えるでしょう。
MIKIさんの現在の状態がどちらなのかはここではわかりません。
肩凝りがひどくなると、頭痛や吐き気やめまい等を覚える場合があります。
お書きの様な精神的な影響も考えられますが、おそらくベースとなっているのは骨格のバランスかと・・・

頚椎の配列の問題や、頚椎の関節の可動域の問題が考えられます。
これらは、鍼灸やカイロプラクティックや整体等の手技療法で十分対応可能です。
しかし、手技療法家の考え方の違いによって改善されない場合があります。
考え方の違いを大きく二つに別けると、結果的に現れる症状を緩和させようと考える先生と、症状を覚える原因を取り除こうと考える先生です。
症状の緩和を目的とする先生であると、根本的な原因が改善されませんので、再発の可能性も考えられます。
また、同じ考え方であっても手技療法家の腕には雲泥の差があります。
個人的には5〜10回程通院し、改善の兆候が見られなければ転院されると良いのではと考えます。
メンテ
Re: 一年前から首、肩ともにコリが酷いです。 ( No.2 )
日時: 2007/05/27 10:10
名前: MIKI

ご意見ありがとうございます。
何か何にもわからずただただ意見を求めた事がほんの少し恥ずかしいです……
そうですね。とりあえず精神的な面はストレス発散を心掛けようと思います。病院に関してはもう少し様子を見て決めようと思います。
メンテ

Page: 1 |

病院・治療院検索




 

▼ このスレッド 「Re: 一年前から首、肩ともにコリが酷いです。」 に返信する。

=注意= 下記のフォームは、(MIKI)さん達(「このスレッドを立られた質問者」と、その質問に「回答する方」)用のフォームです。

→ 違う方が質問を書き込む場合、ご自身で新しいスレッドを立られて質問することをお勧め致します。

▼ 「質問」「書き込む」前に・・・

 同じような質問が過去にされていないか? 下記の検索フォームで一度調べてみて下さい。

▼ ! 過去の質問や回答の中に、有益な情報が含まれているかもしれません・・・。

「肩こり百科」サイト内検索

「四十肩・五十肩の勘所」サイト内検索

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
利用規約
コメント

   クッキー保存

※ボタンが押せない場合、「利用規約」欄のボタンを押しなおしてみて下さい。

肩こり・肩の痛みは様々な要因でおこります。自己判断はせず、必ず「医師・専門家」の指示を仰ぎましょう。

 

腰痛治療 病院医療院検索 腰痛体操/ストレッチ「腰痛ナビ」  よくわかる!椎間板ヘルニアの勘どころ  医療/健康 求人情報  四十肩・五十肩の勘所、四十肩体操・五十肩体操・原因・症状・治療法・病院治療院  肩こりからくる頭痛・めまい、家庭で出来るマッサージ/体操「肩こり百科」

(C) Management-start form April,2006  サニーデイ.